テイクアウト導入応援します

飲食店テイクアウト導入のお手伝いします。

新型コロナウイルス感染症の影響で、世間の“自粛モード”はまだまだ長期化が予想されます。
そんな中、家の中での消費が増加しテイクアウトの需要は高まっています。
「店内飲食」が自粛され、売上が減少している今、テイクアウトを導入しませんか?
「何から準備したらいいの?」ビアクラではそんな悩みを解決します!ご相談ください。

飲食店がテイクアウトを始める時に必要な免許は?

テイクアウトを始める時に、飲食店の営業許可証を持っていれば新たな資格を取る必要はありません。
営業許可証を得たキッチンで料理を作り、それを販売することは問題はありません。

飲食店の酒類テイクアウト用販売が可能になります!

新型コロナウイルスに関連して飲食業界が大きな影響を受けている中、その対策として飲食店様が酒類小売業免許を取得しようとする場合については、申請の簡素化、迅速化を図る観点から、一般の酒類小売業免許とは別に、新たに「期限付酒類小売業免許」が設けられることとなりました。

■「期限付酒類小売業免許」とは

飲食店は令和2年6月30日(火)までに提出のあった免許申請書にかぎって、取得日から6ヶ月間の期限付きで在庫酒類あるいは既存取引先から仕入れたお酒を消費者に販売することが可能となる免許。

これにより「都道府県を越えない宅配(デリバリー可)」と「テイクアウト」による販売ができ、また消費者が希望する酒類を、希望する量だけ販売する「量り売り」も可能となります。

国税庁
「期限付酒類小売業免許」申請のポイント
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/kansensho/pdf/0020004-081.pdf
 ※PDFファイルが開きます。

●措置の概要

  • 令和2年6月30日(火)までに提出のあった免許申請書に限ります。
  • 免許には免許付与から6か月間の期限が付されます。
  • 自治体等から各種の要請等がある場合、これに従うことを条件とします。
  • 詳しくは各地域の税務署の酒類指導官までお問い合わせください。

申請登録でお困りがございましたら「ビアクラ」へご相談ください。

店舗では何を準備するの?

梱包材を用意

梱包材を用意

メニューや店の雰囲気に合わせて最適なものを選びましょう。

POPやのぼり

POPやのぼり

テイクアウトをしていることを店舗の外に張り出しましょう。

チラシやポスティング

チラシやポスティング

店頭の販促だけでは認知はとれません。折込やポスティングも利用しましょう。

サイトへの掲載

サイトへの掲載

近所に告知するだけでなくインターネットで集客することもおススメ。

 

何からすればいいの?とお悩みのお客様。
お客様にあったテイクアウト導入をサポートしますので 「ビアクラ」にご相談下さい!